ヒーリング

瞑想の意味や効果とは?瞑想して幸福なマインドや生活を得る方法

更新日:

瞑想の意味や効果とは?瞑想して幸福なマインドや生活を得る方法

瞑想は簡単に取り組むことができ、効果も大きい意識の状態です。

著名人の多くが瞑想をしているというデータもありますよ。

瞑想の効果ややり方、注意点などをみていきましょう。

瞑想の意味と目的!瞑想状態とは?日常に瞑想を取り入れる理由

瞑想の意味とはなんでしょうか?

瞑想の意味と目的!瞑想状態とは?日常に瞑想を取り入れる理由

著名人の中で瞑想を習慣としている方も増えてきて、毎日しているという方も最近ではよく聞くようになりました。

そこで今回は瞑想の意味、目的などについて詳しくまとめていきます。

瞑想は今の身体や心の状態に注目をして、リラックスをしたり自己肯定感を高める目的があります。

私たちは日々忙しい生活をしていて、なかなか自分自身を見つめる時間が取れません。

瞑想すれば、自分を見つめる時間を意識的に取れ、自分と世界との関係をリセットできます。

瞑想の目的やメリット

瞑想の目的はなんでしょうか?

瞑想の目的やメリット

 

瞑想の目的は以下のような効果を得るためです。

瞑想の目的

  • 自分の今現在の心身の状態を知る
  • リラックスする
  • 他者からの評価から切り離されて自己肯定感を高める

これらの効果は、日常生活の中でも大変重要なものです。

瞑想を日常生活に取り入れると、私たちの生活がもっとよくなります。

また、瞑想は過去や未来ではなく今に注目するもの。

習慣として取り入れれば、データが集まり今の自分の状態をより認識しやすくなるというメリットもあります。

そのほか、無意識の状態になるので、思わぬアイデアが浮かぶというメリットもあります。

瞑想の種類を7つ挙げた!

瞑想には種類がいくつかあります。

瞑想の種類を7つ挙げた!

瞑想の種類を7つ挙げていきますね。

1. 椅子に座って呼吸をする方法

自分の呼吸に意識を傾けて行います。

椅子に座ってできるので、会社の休み時間などにも気軽に取り入れられそうですね。

2. 床に座って呼吸をする方法

こちらは床に座るので、自分の座りやすい座り方で行えます。

背筋を伸ばして自分の呼吸に集中しましょう。

3. ごろんと横になって行う方法

ゆっくりと呼吸しながら、つま先、ふくらはぎ、ひざ、太ももと身体の一点ずつに集中していきます。

少し時間がかかるのでリラックスできる時にやるのが効果的です。

4. 自分の幸福を願う方法

自分の幸福をシンプルに願えるので心が穏やかになり、最終的には他者にも優しい気持ちを持てるようになります。

5. 頭に浮かんだことをじっくりと分類したり認識したりする方法

一つ一つの情報をじっくりと処理して心を落ち着かせ、集中力を高めます。

6. ヨガを行う方法

ヨガを行って、身体の様々な部位に集中しながら行います。

7. 気功や太極拳を行いながら瞑想を行う方法

ゆっくりとした動きと呼吸をしていく中で瞑想します。

瞑想の種類を状況によって変えたり、自分のやりやすい方法を見つけられれば、より効果があがります。

瞑想の効果とメリット14選

瞑想の効果やメリットはたくさんあります。

瞑想の効果とメリット14選

ひとつずつ見ていきましょう。

効果その1.リラックス効果

心を落ち着かせ、リラックスできます。

習慣化すれば、いつでも自分をニュートラルの状態に戻せそうですね。

効果その2.ストレス軽減効果

心身ともに緊張状態から解放できます。

効果その3.アイデアが浮かびやすくなる

無意識の状態になれば、よいアイデアが生まれやすくなります。

効果その4.心身ともに丈夫になる

心身が健全な状態に戻るので、さまざまな面で打たれ強い人になれます。

効果その5.人間関係が良くなる

瞑想と人間関係は一見無関係に見えますが、自分をリセットできるので対人関係もよくなります。

効果その6.自己肯定感を高められる

他者との関係ではなく自分の内側に注目するため、自己肯定感を高められます。

効果その7.直感が鋭くなる

無の状態になるので、直感力が高まります。

効果その8.願い事が叶いやすくなる

自分の本当の気持ちに気づくので、幸せを引き寄せやすくなります。

効果その9.平常心を身に着けられる

心が落ち着いて平常心になれます。

効果その10.運がよくなる

直観力などを高められるので、良いタイミングと出会いやすくなりす。

他にも、

  • 効果その11.自分の本当の気持ちに気づく
  • 効果その12.多面的なものの考え方ができるようになる
  • 効果その13.自分の悩みを解決できる
  • 効果その14.これからどうすべきか考えがまとまりやすくなる

このようなメリットがあります。

 

ここまで簡単に瞑想の効果を紹介してきました。

瞑想はとくに恋愛や仕事にもすごい効果があります。

効果のなかでも重要なものを選んで、より深くこちらのページに書きました。よかったらチェックしてみてください。

↓↓↓

瞑想の効果はすごい!瞑想は恋愛や仕事にも変化を起こす!【体験談あり】

瞑想の効果についてよく理解していなければ、せっかく瞑想しても上手に恋愛や仕事に活かすことができないかもしれません!

上の記事を読んで、「瞑想を毎日するようになって、気持ちが落ち着くようになったし、ついに彼氏もできました!」というメールまで届いています。

 

瞑想とマインドフルネスの関係

瞑想とマインドフルネスという言葉が、このところ注目されるようになってきました。

瞑想とマインドフルネスの関係

瞑想とマインドフルネスの関係について詳しく見ていきましょう。

マインドフルネスとは?

五感や考えを研ぎ澄ませながらも集中力が持続している状態

ぼんやりしているわけではなく、注意深く様々なことに気づいているけれど心が穏やかで緊張しているわけではない状態です。

マインドフルネスの状態を保てるようになるとパフォーマンスが向上します。

このようなメリットから、世界的に有名な企業でもマインドフルネスは積極的に取り入れられています。

他にもマインドフルネスによって、より良いアイデアを思いつくようになります。

また、効率の良い問題解決方法を考えられるようになるなど、メリットばかりです。

そのほか、ストレス軽減効果も期待できます。

さらに、仕事だけではなく私生活でもささいな幸せに気づけるようになる、などといったメリットも。

瞑想はマインドフルネスの状態を得るために行われます。

マインドフルネスになるためには、いくつか方法があります。

ですが、リラックスしやすく自分の内側を見つめることができる瞑想は、マインドフルネスに近づくためにぴったりな方法です。

瞑想のやり方おすすめの方法3つ!寝ながらやると効果はあるの?

瞑想のやり方にはいくつか種類がありますが、ここではおすすめの方法を3つ紹介しましょう。

瞑想のやり方でおすすめな3つの方法!寝ながらやると効果はあるの?

これから瞑想をはじめてみたいという方にもぴったりの、取り組みやすいやり方を紹介していきます。

1.呼吸に注目する方法

座ったままでやるので、オフィスや外出先などでも気軽にできるやり方です。

まずは椅子に浅く腰掛け背筋をピンと伸ばします。

この時に背筋を伸ばすことを意識するだけでなく、あごを前に突き出しすぎないようにすることも意識しましょう。

慣れないうちは自分の座った姿を鏡で確認してから始めましょう。

そして、息を鼻からゆっくり吸います。

7秒くらいかけて吸いきります。

吸う時は鼻からお腹にかけて息が通る感覚を意識します。

そして今度は10秒くらいかけて鼻から息を吐きだしましょう。

この時も息の感覚に気を配ります。

これを5分ほど続けましょう。

2.寝ながら行う方法

ごろんと仰向けに横になります。

ゆっくりと呼吸をしながら頭からつま先にかけて各部位に意識を傾けます。

意識を傾けてその部位に疲れや不調を感じたら、その部位は特に時間をかけてゆっくり呼吸を行いましょう。

集中力が続かず眠くなってしまう時は、瞑想の前に身体をゆっくり休ませましょう。

3.マントラ(瞑想の際に唱える言葉)を唱える方法

寝ながらマントラを唱えると、集中できます。

また、ついつい寝ながら瞑想をすると眠くなってしまう、という方にもおすすめです。

マントラではなく、自分の好きな言葉を唱えても効果があります。

瞑想は呼吸法が大事!瞑想に適した呼吸法を解説

瞑想は呼吸と深い関係があります。

瞑想は呼吸法が大事!瞑想に適した呼吸法を解説

瞑想をする際に重要となってくるのが呼吸法です。

呼吸は私たちが日常的に行っているものですが、瞑想をする際の呼吸は意識するポイントがいくつかあります。

呼吸法をマスターすることができれば、瞑想の質もぐっと高まります。

瞑想に適した呼吸法はとにかくゆっくりと呼吸をするのがポイント

緊張していると浅い呼吸となってしまい、心身に負担がかかります。

ゆっくりと呼吸をすることを意識してみましょう。

そして、呼吸は鼻から吸って鼻から吐きます。

口呼吸が習慣になっている方は、普段の生活の中でも鼻呼吸を意識できるといいですね。

肺のみで呼吸をするのではなく、腹式呼吸をするのも大切です。

腹式呼吸では、お腹がへこんだりふくらんだりするのを意識してみましょう。

腹式呼吸が苦手という方は最初は寝転んで呼吸をすると腹式呼吸をしやすいのでおすすめです。

そして呼吸で重要なのは息を吸ったり吐いたりする動きに集中するという点です。

  • 息を吸ったとき鼻を通ってお腹が膨らむ動き
  • 吐くとき逆にお腹がへこみ、鼻を通って息が出ていく感覚

に注目します。

この動きや感覚に注目するのが重要です。

 

瞑想の呼吸法については、こちらのページにより詳しく説明しています。

↓↓↓

瞑想の呼吸法で大切なこと!かける時間や回数・リズム・苦しい場合の対処法

私の友人は瞑想中に呼吸に集中しすぎて息が止まることがよくあると心配していました…。

でも、このページを読んで不安がなくなって、より深い瞑想に入れるようになったと喜んでいましたよ。

 

瞑想時間の長さの目安は?瞑想するタイミング・頻度はどのくらいがおすすめ?

瞑想は時間をどれくらいかければよいのでしょうか?

瞑想時間の長さの目安は?瞑想するタイミング・頻度はどのくらいがおすすめ?

瞑想は生活や仕事でもメリットがいっぱい。

ぜひ普段から習慣にしたいところですよね。

ここでは、瞑想の時間についてまとめました。

まず、瞑想は時間的に長くとる必要があるというイメージがあるかもしれません。

ですが、最初のうちは集中力も続かないのでできる範囲で大丈夫です。

仕事の休憩中に1分だけでも集中して呼吸をする、というだけでも十分にメリットがあります。

平日の時間があまりとれないときには、仕事の休憩中や寝る前など隙間の時間に数分の瞑想を取り入れてみましょう。

休日は10分から20分と長めの時間を瞑想にあてる、などもおすすめです。

瞑想を紹介しているインターネットのサイトや書籍の中には、1日の中で長い時間を瞑想に使っている方も紹介されています。

しかし、なかなか生活の中で多くの時間を瞑想に費やすことは難しいですよね。

瞑想は時間にこだわらず、無理のない範囲で行いましょう。

そして、行う頻度ですがこれは毎日少しずつでもやるのがおすすめです。

瞑想は何度も繰り返すことで上達しますし、効果も高まります。

瞑想のやり方、集中への入り方を忘れてしまわないためにも、短時間でもいいので毎日取り組むのがよいでしょう。

瞑想を寝る前に行う!基本のやり方やタイミング・時間の長さや注意点

瞑想を寝る前に行うとどんな良いメリットがあるのでしょうか。

瞑想を寝る前に行う!基本のやり方やタイミング・時間の長さや注意点

寝る前はネガティブなことを考えてしまったり、明日のことが心配になってしまったりする方も多いかもしれません。

そんな時、瞑想を寝る前に行えば睡眠の質も良くなりますし、瞑想を習慣にすることもできるのでおすすめです。

瞑想を寝る前に行う基本的なやり方、時間や注意点について詳しく見ていきましょう。

瞑想を寝る前に行う場合は、ゆっくりと呼吸をし呼吸に集中するという方法がおすすめです。

鼻から吸って鼻から吐く呼吸をゆっくりと行い、息が身体の中に入り出ていく感覚に意識を傾けましょう。

慣れないうちや忙しい日は、1分だけでも呼吸に注目してみてください。

また、集中力が高まったり時間に余裕がある日は、5分から10分程度の時間を取ってみましょう。

自分の感覚が研ぎ澄まされて落ち着く効果や感覚を得られると思いますよ。

瞑想を寝る前に行う場合の注意点としては、あまりに身体が疲れていると瞑想をしている最中に寝てしまうというものがあります。

これでは効果を満足に得ることができないので、身体を疲れさせ過ぎないようにしましょう。

すぐに眠くなってしまう場合にはマントラと呼ばれる言葉を言いながら瞑想するのもおすすめです。

瞑想は危険なことも!?NG失敗談や危険を避ける方法・瞑想が向いてない人

瞑想は危険もはらんでいます。

瞑想は危険なことも!?NG失敗談や危険を避ける方法・瞑想が向いてない人

瞑想にはメリットもいっぱいありますが、間違った方法で瞑想をしてしまうと思わぬ失敗に繋がるので注意が必要です。

瞑想に伴う危険や危険の避け方、瞑想に向いていない人について詳しく見ていきましょう。

瞑想をすれば、自分の内側と向き合うことができます。

自分の本当の気持ちや悩みの解決方法に気づくことができる。

その一方で瞑想をしている最中悪いことばかり考えてしまう、過去の悲しい出来事や後悔していることを思い出してしまう…。

という悪循環に陥るというデメリットもあります。

思考の悪循環に陥ってしまうと、冷静な判断ができなくなります。

長時間瞑想をしていると思考が鈍ってしまい、自暴自棄な行動をとる人も。

中には窓から飛び降りる、といったような危険な行動をとってしまう可能性もあります。

また、瞑想をしている最中、自分の妄想を真実だと思い込んでしまう危険性もあります。

瞑想をした時のスピリチュアル体験などを信じ切ってしまう方は、特にこのような危険が起こりやすいです。

はじめのうちは瞑想時間を短めにする、独学ではなく指導者を見つけるなどに注意すれば、このような危険は回避できます。

何事も信じやすい人や、一度信じてしまうと疑いもせず妄信的になってしまう人。

そんな人は危険な状況に陥りやすいので、特に注意しましょう。

瞑想と音楽は相性が良い!おすすめ音楽と得られる効果

瞑想と音楽は相性が良いので、瞑想で音楽を流すのも効果的です。

瞑想と音楽は相性が良い!おすすめ音楽と得られる効果

瞑想では外部の刺激をシャットアウトし、自分の内側や感覚と向き合うことが大切です。

この外部の刺激をシャットアウトする手段の一つとして音楽を流すのは有効です。

音楽を流していると、他の雑音をシャットアウトできますし、ヒーリングミュージックなどを流せばリラックス効果も期待できます。

瞑想におすすめの音楽は歌詞がないヒーリングミュージックのように穏やかな気持ちになれる音楽

歌詞がある音楽や、自分の好きなアーティストの曲はNGです。

そのような音楽だと「この歌詞いいな」「このアーティストやっぱり好きだな」などといった雑念が生じてしまう可能性があります。

音楽に関する雑念がわいてしまうと、せっかくの瞑想効果も薄れてしまうので注意が必要です。

また、音楽を流すのであれば曲の長さにも注意しておきましょう。

例えば、10分間瞑想をしようと考えていたのに3分で曲が終わってしまうと、集中力が途切れてしまいますよね。

そうならないように長めの音楽を用意しておくか、リピート機能を活用して繰り返し音楽が流れるようにしておくのがおすすめです。

瞑想のマントラの種類と、効果的なおすすめマントラ

瞑想でマントラを唱えると、効果をより高めることができます。

瞑想のマントラの種類と、効果的なおすすめマントラ

「瞑想のやり方」のところで少し触れましたが、ここではより詳しく紹介していきます。

マントラの基礎知識

マントラとは瞑想中に唱える言葉をいいます。

マントラとはサンスクリット語で「文字」や「言葉」という意味です。

マントラは仏や神に対する祈りを短くあらわした言葉です。

仏教の宗派によってもマントラは異なります。

自分の進行している仏教の宗派がある人は、せっかくなので自分の宗派のマントラを唱えながら瞑想をしてみるのもいいですね。

特に宗派やマントラの種類にこだわりがない場合、どのマントラを唱えればいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、おすすめのマントラの選び方を紹介しましょう。

まず、瞑想中に唱えるマントラはあまり意味がないものが適しているとされています。

これはマントラ自体に意味があると、唱えている時に言葉の意味について考えてしまい、瞑想に集中できなくなってしまうからです。

また、マントラを覚えることや唱えること自体が負担になってしまうことも避けたいもの。

マントラ自体に負担があると、逆に集中できなくなってしまいます。

そのため、マントラを選ぶ時には意味がわからない言葉で、かつ唱えることや覚えることが簡単な言葉を選ぶのがよいでしょう。

瞑想を東京で!瞑想ができる東京のおすすめスポットを紹介

瞑想が東京でできるおすすめのスポットを紹介します。

瞑想を東京で!瞑想ができる東京のおすすめスポットを紹介

瞑想は自宅などでも簡単に行えますが、ときには瞑想できるスポットに足を運んで瞑想してみても良いと思います。

瞑想ができるスポットでは、指導者から直接瞑想を教わることもできますし、仲間を見つけることもできます。

まずは東京都の墨田区にある正福寺です。

こちらは浅草駅から徒歩15分の距離にあるのでアクセスしやすさが魅力です。

お寺で瞑想できるだけではなく、初心者向けに瞑想のやり方や作法についても詳しく解説をしてくれます。

本格的な瞑想を体験してみたい方におすすめのスポットです。

続いて紹介するのは東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRIDで開催されているワークショップです。

インドのヨガを体験しながら瞑想を行えます。

ヨガの体験と瞑想の体験が同時にできるのは、ちょっとお得な感じがしますね。

ただし、ワークショップの開催は不定期です。

こちらから開催依頼するのも可能なので、友達同士で参加したいという場合にはワークショップ開催を依頼してみるのもおすすめです。

なお、飛び込み参加もできます。

瞑想をアプリでする方法と効果!おすすめアプリも紹介

瞑想でアプリを活用する方法とは?

瞑想をアプリでする方法と効果!おすすめアプリも紹介

スマホは毎日手にしている分、スマホに入っているアプリで瞑想ができれば手軽で便利ですよね。

スマホの瞑想アプリを探して活用してみましょう。

アプリで瞑想をしても効果があるのかどうか、不安に感じてしまう方もいるかもしれません。

しかし、アプリを使った瞑想では、瞑想初心者でも集中しやすい環境を作ることが可能です。

アプリを使えば、瞑想の効果をより高めることもできますよ。

おすすめの瞑想アプリ

おすすめの瞑想アプリをみていきましょう。

おすすめの瞑想アプリ

まずおすすめするのは「Head Space」というアプリです。

こちらは短時間の瞑想を習慣化するというコンセプトのアプリ

シンプルなデザインなので男女問わず使えますし、椅子で行う瞑想なので、仕事場などでも気軽にできます。

毎日手にしているスマホのアプリで瞑想を習慣化するのは、とても理にかなっていますね。

次に紹介するのは「寝たまんまヨガ」というアプリ。

このアプリには有料メニューも多いですが、無料の体験メニューもあります。

アプリの名前の通り、寝たままでできるヨガを紹介しています。

ヨガをしながら瞑想もできるので、大変おすすめです。

最後にご紹介する「MYALO」というアプリではマインドフルネスについて少しずつ学べます。

繰り返し学べば、マインドフルネスが自然とできるようになります。

瞑想の本おすすめ5冊を紹介!

瞑想の本のおすすめを5冊紹介していきます。

瞑想の本おすすめ5冊を紹介

瞑想について学ぶ方法はいくつかありますが、本を読んで学んでいくのはオススメですよ。

まずは1冊目の本。

「マインドフルネス瞑想入門: 1日10分で自分を浄化する方法」です。

こちらはタイトルの通り瞑想をしていきマインドフルネスの状態を保つことができるようになる手法を紹介している本です。

瞑想初心者にもぴったりです。

2冊目の本は「1分間瞑想法」です。

1分間だけ瞑想をするのは本を読んだあとすぐにでも実行できそうですね。

忙しい人でも生活に取り入れられる1分間の瞑想法について学べます。

3冊目の本は「世界のエリートはなぜ瞑想をするのか」という本です。

書店でもよく並んでいるのでご存知の方も多いかもしれません。

瞑想のメリットについて詳しく記載されています。

4冊目の本は「世界のエリートがやっている 最高の休息法」です。

瞑想をして心身ともにリラックスすることについて書かれています。

瞑想のメリットについて知りたい方にぴったりです。

5冊目の本は「始めよう。瞑想: 15分でできるココロとアタマのストレッチ」です。

瞑想の始め方がわかりやすく解説されています。

女性にもおすすめの内容です。

瞑想をDaiGoさん(メンタリスト)の方法で実践!

瞑想をDaiGoさん(メンタリスト)もオススメしています。

瞑想をDaiGoさん(メンタリスト)の方法で実践!

メンタリストとしてテレビや雑誌などで活躍されているDaiGoさんが紹介している瞑想法とはどんな方法なのでしょうか。

瞑想のDaiGoさんおすすめの方法は取り組みやすい内容なので、これから瞑想をする方にもおすすめです。

瞑想のDaiGoさんの方法は以下の通りです。

  1. 肩の力を抜く
  2. 手は軽く前で組む、背筋を軽く伸ばしてリラックス
  3. 目を閉じる
  4. 体勢を動かさず、呼吸を深くゆっくりしたまま保つ

少ないステップでできますし、難しい部分もないので、すぐにでも取り組めそうですね。

DaiGoさんの瞑想を取り入れると、自分自身をニュートラルの状態に戻せるというメリットがあります。

自分自身をニュートラルの状態に戻すと、どのような良い点があるのか。

それは、他人軸によってではなく、自分の本当の希望や気持ちに基づいて行動できるようになるのです。

自分の気持ちに寄り添った行動ができるようになりますので、毎日の生活の満足度も高められますよ。

-ヒーリング

Copyright© どりかな ~願いが叶う占いサイト , 2019 All Rights Reserved.