ヒーリング

瞑想のやり方は朝や寝る前に寝ながらすると効果的!?初心者にも簡単で幸福感に満たされる方法

更新日:

瞑想のやり方は朝や寝る前に寝ながらすると効果的!?初心者にも簡単で幸福感に満たされる方法

瞑想のやり方を詳しく紹介!

朝や寝る前におすすめの瞑想のやり方、瞑想で重要な姿勢と呼吸についてもわかりやすく詳しくまとめました!

瞑想のやり方の基本!調心・調身・調息とは

瞑想のやり方を基本から詳しく紹介します!

瞑想のやり方の基本!調心・調身・調息とは

また、調心・調身・調息についてもまとめました!

瞑想をやってみたいけどやり方がよくわからない方は、まずは基本をおさえましょう。

初心者には座って行う瞑想がおすすめです。

やり方は簡単で胡坐(あぐら)、結跏趺坐(けっかふざ)、半跏趺坐(はんかふざ)などの座り方をします。

座禅の座り方である結跏趺坐(けっかふざ)が最も正式な方法ですが、無理のない姿勢で行いましょう。

そして、目は少しだけ開けておきます。

どうしても集中できない場合は最初は目をとじて瞑想をしましょう。

耳から肩がだいたい一直線になる感じを意識して座ります。

胸を少し張り背中を伸ばします。

骨盤を立たせるように座り、手は楕円形を描くようにします。

そして、おへそのあたりに少しだけ力を入れます。

まずはこの姿勢を取ることを意識しましょう。

瞑想の姿勢が十分にできるようになると、姿勢が整う「調身」の状態になります。

瞑想のやり方における呼吸

続いて、姿勢と同様に重要な呼吸を見ていきましょう。

瞑想のやり方における呼吸

呼吸は深くゆっくりするように意識してください。

私たちは日常生活の中で自然と呼吸が浅くなりがちなので、最初のうちはゆっくりと深く呼吸することに慣れないかもしれません。

そんな時はまず、長く息を吐くように意識してください。

瞑想の呼吸を身に付けると、息が整う「調息」の状態になります。

そして、姿勢と呼吸の両方が整って調身と調息ができるようになると、心も整う「調心」の状態になります。

瞑想のやり方と効果7選!得られるメリットとは

瞑想のやり方と効果を7つまとめました!

瞑想のやり方と効果7選!得られるメリットとは

瞑想には様々な嬉しい効果があります。

1つずつ見ていきましょう。

まず1つ目の効果は、自分と向き合い身体の不調にすぐ気づくことができるようになります。

私たちは忙しい中毎日の生活を送っています。

不調があっても動き続けていて気づけないこともあります。

しかし毎日一定時間、瞑想をする習慣がある方は、自分の身体がどんな状態であるかわかります。

2つ目の効果は気持ちを落ち着けられるようになります。

瞑想をして自分と向き合うと、気持ちが落ち着くストレス解消効果があります。

瞑想のやり方にとらわれず、まずは落ち着いて座って呼吸する習慣から取り入れましょう。

3つ目の効果は自分の気持ちに正直になれるようになります。

瞑想をして強制的に自分と向き合うと自分のしたいことや嫌なことを思い出し、自分のしたい気持ちに正直になれます。

4つ目の効果は自己肯定感が高まります。

「自分は今の自分でいいんだ」と受け入れられるようになります。

5つ目の効果は集中力が増します。

瞑想のやり方で重要視されている姿勢や呼吸は、集中力を高める効果が期待できます。

6つ目の効果は直観力が上がります。

世界的に有名な起業家やアスリートも、自分の直観力を高めるために瞑想しています。

7つ目の効果は他人に対して優しくなります。

瞑想によって自分自身の心身のストレスが減り、余裕が生まれて他者にも優しくできます。

 

 

瞑想を習慣にすると、恋愛や仕事にもすごい効果があるといわれています。

瞑想の効果のなかでも重要なものを選んで、より詳しくこちらのページに書きました。よかったらチェックしてみてください。

↓↓↓

瞑想の効果はすごい!瞑想は恋愛や仕事にも変化を起こす!【体験談あり】

「瞑想を毎日するようにしたら、毎日の充実感が増したばかりか、彼氏までできた」という嬉しい変化が起きた人もいます。

瞑想の効果をよく理解したうえで正しいやり方を習得すれば、きっと恋愛や仕事関係にもその効果を活かせるようになりますよ。

 

瞑想のやり方!朝が効果的な理由と具体的な方法

瞑想のやり方は朝にするのがおすすめな理由を紹介します!

瞑想のやり方!朝が効果的な理由と具体的な方法

瞑想はいつやってもある程度の効果はありますが、とくに朝がおすすめです。

朝が効果的な理由をもう少し詳しく見ていきましょう。

朝は空気がすがすがしいので、リフレッシュ効果がより高くなります。

寝ている間は食事を摂っていないので、必然的に胃腸が空っぽなため集中しやすくもなります。

そして瞑想を朝にすることで、その日1日を活動的に過ごせるようになります。

瞑想によって自己肯定感を高め、1日を満足して過ごせるようにもなります。

朝の瞑想の具体的なやり方

朝の瞑想のおすすめのやり方を紹介します。

朝の瞑想の具体的なやり方

朝に行う瞑想は難しいやり方は必要なく、基本的なやり方で問題ありません。

座禅を組み、深呼吸をしましょう。

  • 姿勢を整えること
  • 呼吸を深く長くすること

この2つを意識して行いましょう。

呼吸が長くできないようであれば、まずは姿勢を整えてみましょう。

座禅を組み骨盤を立てて座り、背筋を伸ばして座ることによって、呼吸をしやすくなります。

まずは正しい姿勢を身に付けましょう。

瞑想のやり方!寝る前が効果的な理由と具体的な方法

瞑想のやり方はなぜ寝る前が効果的なのでしょうか。その理由と、具体的な方法を紹介します。

瞑想のやり方!寝る前が効果的な理由と具体的な方法

瞑想は朝だけでなく寝る前も効果的です。

どうして瞑想を寝る前にやると効果が高いのかを具体的に見ていきましょう。

瞑想を寝る前にやるとリラックス効果が高まり、睡眠の質が良くなります。

睡眠の質が良くなると当然心身ともに疲れが取れるので、翌日以降活動的に過ごせるようになります。

特に寝つきが悪い人、寝る前に色々考えてしまってなかなか眠れない人に、寝る前の瞑想はおすすめです。

他には、寝酒や過食など寝る前の悪い習慣を瞑想という良い習慣に変えることで、身体への悪影響を減らせます。

また、寝る前のリラックスした時間は自然と呼吸が深くなりやすいので、瞑想初心者の方にもおすすめの時間帯です。

寝る前の瞑想の具体的なやり方

寝る前に行う場合は、通常通り座って行う方法もおすすめですが、そのまま寝る、または寝つきを良くしたい方は、寝転んで行うやり方もおすすめです。

寝る前の瞑想の具体的なやり方

寝転んで行う瞑想のやり方を紹介しましょう。

まず、楽な気持ちになって仰向けに寝転び、呼吸を深くします。

呼吸のやり方自体は通常の瞑想と同じです。

ただ、瞑想が不十分な状態のまま寝落ちしてしまうと、逆に効果を得にくくなります。

その場合は、座って行うやり方がおすすめです。

瞑想のやり方!寝ながらできるおすすめな方法

瞑想のやり方で寝ながら行う方法について、詳しく紹介していきます!

瞑想のやり方!寝ながらできるおすすめな方法

瞑想は座って行うだけでなく、様々な姿勢で行うことができます。

その一つが寝ながら行うやり方です。

寝ながら行う瞑想のやり方を具体的に確認していきましょう。

まずは仰向けに寝転びます。

何かに集中したり考えたりする必要はなく、深く呼吸をすることにのみ意識を傾けましょう。

眠くなってしまう場合は目をとじるのではなく、目を開いたままがおすすめです。

目を完全に開くとかえって気が散るようであれば、薄目をあけて行いましょう。

呼吸は深く吐くようにします。

最初のうちは慣れなくて難しいかもしれません。

その場合はまず、長く息を吐くことを意識してみてください。

寝ながら行うやり方は以上です。

初心者が瞑想を行う時のコツ

続いて初心者が瞑想を行う時のコツを紹介します。

初心者が瞑想を行う時のコツ

まず、雑念がわいたらどうするかです。

雑念はわいてしまうものなので、あまり完璧主義になりすぎないようにしましょう。

「集中しなければ!」と固くなるのではなく、「雑念が浮かんでいるな」と今の自分の状態を俯瞰して捉えられるようになるとよいでしょう。

もしも、瞑想のやり方が合っているかわからない場合は、瞑想をする日ごとにテーマを決めるのがおすすめです。

例えば息を長く吐く、身体の力を抜くなど、その日のポイントを絞って1つずつクリアしていきましょう。

瞑想のやり方では呼吸が大事!呼吸とマインドフルネスとの関係

瞑想のやり方と呼吸の関係性や、呼吸とマインドフルネスとの関係について紹介します!

瞑想のやり方では呼吸が大事!呼吸とマインドフルネスとの関係

瞑想のやり方では、とかく雑念を消したり正しい姿勢をとることに意識を向けがちですが、これらのことに加えて、呼吸もかなり大切です。

瞑想のやり方の中で、呼吸は深くすることがもっとも大切とされています。

日常生活の中で私たちは、ついつい呼吸が浅くなりがちです。

この浅くなってしまった呼吸を深くすることによって、リラックスした状態や集中した状態を保てるようになります。

呼吸とマインドフルネス

瞑想の呼吸のやり方は、瞑想をしている時以外にも役立ちます。

呼吸とマインドフルネス

瞑想の呼吸のやり方をすると、自然とリラックスしつつも高い集中力を保った状態になり、高いパフォーマンスができるようになります。

近年注目を集めているマインドフルネスとはこの状態を指しています。

日常生活の中でもマインドフルネスの状態を発揮するためには、瞑想の呼吸をいつも取り入れるのがおすすめです。

オフィスなどで座禅を組んで瞑想するのは難しくても、椅子に腰かけた状態で深く呼吸をすれば、マインドフルネスの状態を作りやすくなります。

身体のこわばりもなくなりリラックス効果もあるので、ぜひ試してみてください。

瞑想のやり方には音楽が効果的!おすすめ音楽アプリや動画を紹介

瞑想のやり方には音楽が効果的です!

瞑想のやり方には音楽が効果的!おすすめ音楽アプリや動画を紹介

瞑想をする時におすすめの音楽アプリや動画を紹介しました!

瞑想のやり方を取り入れる時には音楽を流すのが効果的です。

音楽を流すことによって、まず雑音をシャットアウトできます。

また完全に無音の状態だとかえって雑念が生まれやすくなりますが、音楽を流すことで瞑想に集中できるようになります。

瞑想に音楽を取り入れるのであれば、音楽アプリや動画を使うのがおすすめです。

スマホに瞑想におすすめの音楽アプリを入れておけば、旅行先などで瞑想をしたい時にも便利です。

瞑想におすすめな音楽アプリ

瞑想におすすめな音楽アプリをご紹介します。

瞑想におすすめな音楽アプリ

Relax Melodies: Sleep Sounds

瞑想をやる際に使う音楽アプリでおすすめのものは、「Relax Melodies: Sleep Sounds」です。

こちらはiPhoneやipad限定のアプリですが、リラックスするサウンドを組み合わせてオリジナルの音楽が作れます。

自分オリジナルの瞑想向けの音楽が作れるのは嬉しいですね。

作った音楽は共有もできます。

MEISOON

他にも音楽アプリ「MEISOON」は、瞑想をした日をカレンダーにチェックして管理できる音楽アプリです。

他にもyoutubeなどの無料動画サイトには、瞑想向けのヒーリング音楽が多く投稿されていますのでチェックしてみてくださいね。

瞑想のやり方!瞑想にスピリチュアルな才能は必要?

瞑想のやり方にはスピリチュアルな才能って必要なのでしょうか?

瞑想のやり方!瞑想にスピリチュアルな才能は必要?

瞑想のやり方を調べていて、なんとなく瞑想は特別な人がやるイメージを持っているかもしれません。

例えば、霊的な才能や超能力的な才能を持っている、いわゆるスピリチュアルな才能を持っている人が、自分の能力を使う時や自分の能力を更に高めたい時に瞑想すると思っている方も多いのではないでしょうか。

「自分にはこのようなスピリチュアルな才能は全くないし、とくにスピリチュアルな才能も欲しくないので、瞑想はしない」と思っているかもしれません。

しかし、瞑想はこのようなスピリチュアルな才能とは全く関係なく、だれにでもメリットがあります。

瞑想のやり方を日常生活の中に取り入れると、集中量が高まったりリラックス効果が高まったりと、たくさんの嬉しいメリットがあります。

スピリチュアルな分野に興味がない方もぜひ、瞑想をやってみましょう。

 

 

ところであなたは、「丹光(たんこう)」ってご存知ですか?

丹光とは、目を閉じた時に瞼の裏側に見える光をいいます。

丹光は、いわば「自分の内側の状態を表す光」で、日頃疲れていたり忙しすぎる毎日を送っていると、丹光が見えにくくなるといわれます。

ところが、瞑想をすればこの丹光がよく見えるようになるのです。

丹光についてこちらの記事に詳しく書きました。よかったらチェックしてみてください。

↓↓↓

丹光とは?見える人の特徴と効果、各色の意味と瞑想との関係

丹光は、その色や形状や見え方によって意味がそれぞれ違います。

瞑想と深い関係にある「丹光」。

丹光の意味を知って自分の内側の状態が分かるようになると、さらに充実した毎日が送れるようになるでしょう。

瞑想のやり方が正しいとどんな状態になるか

瞑想のやり方が正しいとどんな状態になるのかをまとめました!

瞑想のやり方が正しいとどんな状態になるか

瞑想のやり方が合っているかどうか、よくわからない方も多いのではないでしょうか。

スクールなどに通って瞑想体験をした場合、正しいやり方を指導してもらえます。

しかし、指導してもらった経験もなく自己流で瞑想を始めた場合、自分のやり方が合っているかどうかわからないですよね。

そこで、瞑想のやり方が正しいとどんな状態になるのか紹介します。

まず、やり方が正しい場合は瞑想によるメリットを感じられるようになります。

これは、1日や数日といった短期間ですぐにメリットを感じられるようなものや、メリットがわかるまで時間がかかるものもあります。

例えば、瞑想のやり方が正しい場合、睡眠の質が良くなったと感じる方が多いです。

特にこれは、夜寝る前に瞑想している方に多いです。

また、瞑想のやり方が正しい場合、リラックスした状態になりストレスから解放されます。

寝る前に瞑想することによって眠りやすくなり、睡眠の質が高まります。

他にも、集中力が増し、普段の仕事中などにも成果を出しやすくなったと感じます。

このように、普段から集中力が高まりアイデアが浮かびやすくなるケースも多いです。

瞑想のやり方!本でおすすめなもの10選

瞑想のやり方の本でおすすめなものをまとめました!

瞑想のやり方!本でおすすめなもの10選

本を読むことで知識を深められるだけではなく、瞑想が日常生活の中にどんなメリットをもたらすかもイメージしやすくなります。

今回は瞑想のやり方が書いてあるおすすめの本を10冊紹介します。

まず、1冊目は『脳パフォーマンスがあがるマインドフルネス瞑想法』です。

ビジネスマンの方におすすめの本です。

続いて2冊目は『瞑想を始める人の小さな本: クヨクヨとイライラが消えていく「毎日10分」の習慣』です。

毎日5分から10分ぐらいの短時間でできる瞑想のやり方や呼吸法を紹介しています。

3冊目は『14歳からの瞑想「超」入門: 風と太陽と月のエネルギーを体いっぱいに感じる13の瞑想法』です。

子供と一緒に瞑想のやり方を学びたい方におすすめです。

4冊目は『すごい瞑想: お医者さんがすすめる』です。

1日10秒でできる瞑想のやり方が書いてあります。

5冊目は『心と体によく効く引き寄せ瞑想ヨガ: 幸せな人はやっている!』。

瞑想とヨガを組み合わせた方法を紹介しています。

6冊目は『世界のセレブが夢中になる究極の瞑想』です。

瞑想によって幸せを引き寄せられるようになります。

7冊目は『本当の自分とつながる瞑想入門』。

自分の能力を最大限引き出せるようになります。

8冊目は『一瞬で自己肯定を上げる瞑想法』。

9冊目は『ヒマラヤ大聖者の人生を変える瞑想: 生きづらさが消え心が満ちる秘法』。

10冊目は『楽しもう。瞑想: 心に青空が広がる』です。

ぜひ参考にしてみてください。

瞑想のやり方!DaiGoさんが実践する具体的な方法と効果

瞑想のやり方でDaiGoさんが実践している方法と効果を詳しく解説します!

瞑想のやり方!DaiGoさんが実践する具体的な方法と効果

メンタリストであるDaiGoさんも瞑想のやり方を詳しく紹介しています。

DaiGoさんの瞑想は実践的なもので内容もわかりやすく、初心者におすすめですよ。

具体的にDaiGoさんの紹介しているやり方を見ていきましょう。

DaiGoさんの瞑想のやり方はたった4つのステップでできます。

1.肩の力を抜く

2.手は軽く前で組んでおく。背筋を軽く伸ばしてリラックス

3.目を閉じる

4.体勢を動かさず、呼吸を深くゆっくりしたまま保つ

リラックスしたり集中ができないのであれば、自分の呼吸に意識を傾けて呼吸に集中するようにしましょう。

最初は3分程度の短い時間から集中するようにしましょう。

徐々に時間を長く伸ばすと集中力を高められます。

そして、DaiGoさんの瞑想のやり方では集中力が高まり、自分の状態と素直に向き合えるようなります。

自分の求めている本当のものがわかるようになるので、他者の状態にも気を配れるようになります。

簡単なのにメリットが多いので、気軽にDaiGoさんの瞑想のやり方を試してみませんか。

瞑想のやり方まとめ

瞑想のやり方はとてもシンプルなので、誰でも簡単に行うことができます。

瞑想のやり方まとめ

瞑想をすると集中力が増したりリラックスできます。

睡眠の質も良くなり、自分の身体の状態にも敏感になります。

瞑想は朝もしくは夜寝る前にやるのが効果的です。

朝行えば1日を活動的に過ごすことができますし、夜寝る前に行えばストレスを解消し睡眠の質を高められます。

瞑想のやり方では姿勢と呼吸が特に重要になります。

雑念を消すためには、音楽を流しながら行うのも効果的です。

この他にも本を読んだりして自分に合った瞑想のやり方を見つけ、少しずつ習慣として取り入れるのが大切です。

-ヒーリング

Copyright© どりかな ~願いが叶う占いサイト , 2019 All Rights Reserved.