ヒーリング

丹光とは?見える人の特徴と効果、各色の意味と瞑想との関係

丹光とは?見える人の特徴と効果、各色の意味と瞑想との関係

丹光という言葉を聞いたことはありますか?

目を閉じた時にまぶたの裏に見える光が丹光ですが、「この光は何なのだろう……?」と疑問に思った経験がある方も多いでしょう。

ここでは丹光が見える人の特徴や、見えない人との違いについて解説しました。

何をしたら見えるようになるのか、丹光の色のそれぞれの意味についても詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

丹光の意味!丹光とは何?

丹光の意味について詳しく紹介します!

丹光の意味!丹光とは何?

丹光とは?

丹光の意味は、目を閉じた時に瞼の裏側に見える光です。

明るい場所ではほとんど見えませんが、夜の静かな時間に目を閉じてしばらく待っていると、瞼の裏側に光が見える時がありますよね。

その光が「丹光」です。

丹光の意味は、人間の持つ生命エネルギーから発する光であり、色や光の見え方によって個人の能力や気質といった特徴が分かります。

また、その人の状態によっても見え方は違ってきます。

丹光の意味を知ると見たくなりますが、中にはまったく見えない方もいるでしょう。

丹光が見えたり見えなかったりする理由はいくつかあります。その理由で考えられるものを次の項目で紹介します。

見える理由・見えない理由

見える理由と見えない理由から、丹光の意味を考えました。

丹光が見える理由・見えない理由

毎日の仕事や生活の中で、デジタル機器に頻繁に触れたり、忙しく過ごして心身ともに酷使している方も多いでしょう。

そういう方は、人間の持つ生命エネルギーを感じる力が弱くなっている場合があります。

丹光が見えない時は、体が疲れて生命エネルギー自体が弱くなっていると、丹光の意味が示してくれています。

また、怒り、悲しい気持ち、不安な気持ちなどに悩まされている方も見えません。

自分の持つ生命エネルギーを見る余裕がなく、自分自身と向き合っていないからです。

逆に、生命エネルギーや目に見えないものを感じ取りやすい子供は、丹光が見えやすいといわれます。

子供をもっと知るために、寝る前に子供と一緒に見てみるのもいいですね。

どんな風に見えるのか、何色の光が見えるのか、子供の話を聞いてみると面白いですよ。

このように見ていくと、丹光の意味も分かりやすいと思います。

 

 

丹光は「サードアイ」が開眼すると見えるようになるといわれます。

サードアイは「第三の目」と呼ばれる、眉間の第六チャクラの位置にあります。

サードアイについて下の記事に詳しく書きました。よかったらチェックしてみてください。

↓↓↓

サードアイが開くとどうなる?チャクラや瞑想との関係!覚醒・開眼する前兆や簡単に開く方法

丹光が見える人は「サードアイ」が覚醒している人ともいえます。

サードアイが開いている人の特徴や、簡単に開く方法なども書いていますので、ゼひ参考にしてください。

丹光が見える人の特徴7つ

丹光が見える人の特徴を7つまとめました!

丹光が見える人の特徴7つ

丹光は見える人と見えない人がいます。

今見えない人でも、状態が変われば、丹光が見えるようになる場合もあります。

丹光が見える人の特徴をまずは知っておきましょう。

丹光が見える人の特徴1つ目は、肉体の変化に敏感な人です。

丹光は自分の生命エネルギーから出ている光なので、見える人は自分の生命エネルギーを感じ取れる人です。

丹光が見える人の特徴2つ目は、自分自身と向きあう余裕のある人です。

心が穏やかな状態で今の自分を受け入れられる人は、丹光も見える場合が多いでしょう。

丹光が見える人の特徴3つ目は、子供です。

子供は目に見えないものを見る能力が高いので、丹光が見える場合が多いといわれます。

丹光が見える人の特徴4つ目は、自分の直感を信じている人

自分の直感を信じている人は、目に見えないものを感じ取る能力が高いです。

丹光が見える人の特徴5つ目は、ヨガ・瞑想をしている人です。

ヨガや瞑想によって、集中力が高くなったり、自分の内側に意識を向けられるようになっているからです。

丹光が見える人の特徴6つ目は、スピリチュアル的な能力がある人

スピリチュアル的な能力、霊能力がある人は目に見えないものを感じ取る能力が高いので、丹光も見える場合が多いでしょう。

丹光が見える人の特徴7つ目は、霊気(レイキ)の経験がある人です。

「霊気(レイキ)」とよばれるエネルギー療法の経験者は、丹光が見える場合が多いといわれます。

 

丹光が見える人の多くは、瞑想」を日常的にしているといわれます。

瞑想のやり方について、こちらの記事に詳しく書きました。ぜひ参考にしてください。

↓↓↓

瞑想のやり方は朝や寝る前に寝ながらすると効果的!?初心者にも簡単で幸福感に満たされる方法

「瞑想に適した時間帯はいつ?」「どんな姿勢で瞑想すれば効果的?」など、瞑想の効果的なやり方を具体的に紹介しています。

瞑想が初めての方も、ぜひ上の記事を読んで、取り組んでみてください。

丹光と瞑想の関係と効果

丹光と瞑想にはどんな関係があるのでしょうか。

丹光と瞑想の関係と効果

丹光と瞑想には密接な関係があります。

実際に丹光が見える人の特徴として、「瞑想を習慣的に行っている人」というものがあります。

丹光は瞑想を繰り返し習慣化すると、よく見えるようになります。

瞑想はリラックスしつつ、集中した状態を保てるようになるもの。

この状態が保てるようになると、自分の内側の声に耳を傾けられるようにもなります。

生命エネルギーが発する丹光は、瞑想で自分の内面状態が理解できるようになるとよく見えるというわけですね。

 

丹光は瞑想するとよく見えるようになる

丹光は瞑想を習慣にしていくと、今は見えなくてもいつか見られるようになるかもしれません。

瞑想すると丹光がよく見えるようになる

瞑想は1回だけすればいいのではなく、できれば毎日習慣として取り入れるのがおすすめです。

丹光を見るための瞑想の時間帯は、朝でも夜でも特に問題はありません。

また、丹光以外にも瞑想のメリットはたくさんあります。

集中力が増し、アイデアがたくさん湧くようになったり、自分の体調や心の変化に敏感になり、適切な行動を取れるようになります。

 

瞑想ってそもそもどんなもの?

瞑想を習慣にすると、どうして毎日が幸福感で満たされるのでしょうか。

瞑想について、より詳しくこちらのページに書きました。よかったらチェックしてみてください。

↓↓↓

瞑想の意味や効果とは?瞑想して幸福なマインドや生活を得る方法

瞑想をすれば丹光がよく見えるようになります。

それだけでなく、瞑想の効果は仕事や恋愛や生活全般にもあるので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

丹光の色の意味とは?

丹光の色の意味について詳しくまとめました!

丹光の色の意味とは?

丹光は自分の生命エネルギーが発するものであり、目を閉じた状態で見られる光。

はじめは見られなくても、瞑想を繰り返したり自分の内側に耳を傾けると見られるようになります。

自分の持つ生命エネルギーは、当然、自分の体調や変化によって変わります。

ですから、丹光の色や見え方は状況によって異なります。

つまり、丹光の色の意味を知っていれば、自分の内面の変化や体調を知ることができるのです。

自分の普段の丹光の色の意味と、それ以外の丹光の色の意味を把握しておくのもおすすめです。

気になる丹光の色があったら、ぜひその丹光の色の意味を調べてみましょう。

丹光の模様にも意味がある

丹光の色だけでなく模様も、生命エネルギーの波長が変わると変化します。

丹光の模様にも意味がある

例えば水玉模様は、抱えていた問題が解決することを示しています。

他には、幾何学模様は様々な選択肢の前にいることを示しています。

また、マーブル模様はトラブルの渦中にいることを示しています。

丹光の色の意味、模様の意味はぜひ覚えておくようにしましょう。

また、同じ丹光の色であっても、鮮やかに見えるか、少しくすんで見えるかなどによっても、発している生命エネルギーの質が違う状態だとわかります。

 

 

丹光と関係の深い「チャクラ」

人間の身体には7つのチャクラがあり、それぞれに意味があります。

丹光に色があるのと同じように、チャクラにもそれぞれ色が割り当てられています。

また、チャクラの状態で身体や精神の状態が分かるともいわれています。

チャクラについてこちらの記事に詳しく書きました。よかったらチェックしてみてください。

↓↓↓

チャクラの意味とは?色は丹光と関係している?チャクラを開いて活性化させる方法

チャクラをコントロールできるようになると、エネルギーや波動を自分で調節できるようになり、幸福感に満たされるようになります。

上の記事を読んで、チャクラについて詳しく知ってみましょう!

丹光が白の意味

丹光が白い時の意味を解説します!

丹光が白の意味

丹光が白い場合は、宇宙との交信がしやすい状態をあらわしています。

丹光が白い時は、鮮やかな白か、少しくすんだ白かでも意味が変わってくるので注意しましょう。

まず、丹光の白が色鮮やかではっきりしていたら、宇宙や高次元の存在からのメッセージを受け取りやすい状態にあることを示しています。

少し俗っぽい言い方をすると、「スピリチュアル的な勘が高まっている」状態です。

丹光を見るために瞑想をしている方は、瞑想中にメッセージを受け取れるかもしれません。

いつもより瞑想の時間を長めにとるとよいですよ。

逆に、丹光の白がくすんでいる場合は、宇宙や高次元の存在からメッセージを受け取りにくい状態であるといえます。

丹光が金色の意味

丹光が金色の意味について解説します!

丹光が金色の意味

丹光が金色の時は「フォトンエネルギーに溢れている状態」を表しています。

フォトンエネルギー、と聞いてもピンとこない方も多いかもしれません。

フォトンエネルギーとは、宇宙から地上へと降り注いでいるエネルギーをいいます。

フォトンエネルギーをたくさん受け取れれば、魂の質が高まり、更に成長できるようになります。

この魂の成長は一時的なものではなく、あなたの本質的な成長です。

ですから、丹光が金色であれば、あなたの魂がエネルギーを受け取って更にレベルアップしようとしている状態なので喜んでよいでしょう。

今何か頑張っていることがあるなら、丹光が金色の時はそのまま努力を続けてください。

自分や周りを信じることが大切です。

丹光が紫の意味

丹光が紫の場合の意味を解説します!

丹光が紫の意味

丹光が紫の時は「バランスがよい状態」を表しています。

丹光の紫が鮮やかに見えるか、くすんで見えるかどうかでも、意味が違ってきます。

まずは、丹光の紫が鮮やかだった時の意味を見てみましょう。

紫が鮮やかなら、物質面と精神面でバランスが取れている状態です。

内面が安定しているので、何か新しいことを始めるのもよいですし、今やっていることを続けていくのもおすすめです。

逆に、丹光の紫がくすんでいる場合の意味を見てみましょう。

紫がくすんでいたら、バランスが崩れている状態です。

精神的に不安定な状態か、あるいは体調面で不安があるかなので、精神面と体調面のどちらが崩れているのか、まずは自分で探ってみましょう。

丹光が緑の意味

丹光が緑の意味を紹介します!

丹光が緑の意味

丹光が緑の時は「愛情が満ちている状態」を表しています。

丹光が緑の場合も、鮮やかな緑とくすんだ緑で意味が異なりますので、それぞれの意味を確認しておきましょう。

丹光の緑が色鮮やかな場合は、愛情に満ち溢れた状態を示しています。

自分自身への愛、他者への愛、また他者から受ける愛の全てのバランスが良く、満足している状態です。

このままの状態が続くようイメージして生活しましょう。

丹光の緑がくすんでいる時は、愛情が不足していると感じているのかもしれません。

本当に愛情が不足しているのか、自分自身の感謝の気持ちが足りていないのではないか、もう一度見つめなおしてみましょう。

 

丹光が赤の意味

丹光が赤の意味をご紹介します。

丹光が赤の意味

丹光が赤くて鮮やかに見える時には、地に足のついた現実的な人生を行きている証です。

とても良い意味なので、そのまま現実的に生きていくとよいでしょう。

ただ、おなじ丹光の赤色でも、赤の見え方によって意味に違いがあります。

丹光の赤色がくすんでいる場合には、注意が必要です。

くすんだ赤色の場合、現実的な生き方ができておらず、地に足が付いていない状態を示しています。

丹光の赤色がくすんでいる時は、今一度自分の生き方を見直してみましょう。

地に足の付いた現実的な生き方ができるようになると、くすんだ赤色だった丹光が、また違って見えるようになりますよ。

ちなみに、「赤」は第一チャクラの色です。

第一チャクラの赤は、怒り、忍耐、決断、行動、熱意、力、性欲などを表しています。

丹光が赤色に見える時は、何か溜め込んでいる感情がないか、今一度考えてみてくださいね。

 

丹光がオレンジの意味

丹光がオレンジの意味をご紹介します。

丹光がオレンジの意味

丹光がオレンジに見える時の意味は二通りです。

丹光のオレンジが鮮やかに見える時は、基本的に良い意味なので安心してください。

創造性が満ちていて行動力に溢れている状態です。

生活が充実している場合が多いので、そのままの状態を維持しましょう。

丹光のオレンジがくすんでいる場合は、行動力や創造性に曇りがある状態です。

自分の人生を他人まかせにしていないか、行動力や創造性に欠けていないか、ゆっくりと考えてみましょう。

丹光のオレンジがくすんでいる時は、注意を促してくれているサインなので見逃さないでください。

オレンジ色は、第2チャクラの色でもあります。

第2チャクラは「性や情熱のチャクラ」ともいわれます。

第二チャクラを活性化させてオレンジ色を明るく鮮やかにしていけば、人生がより充実したものになるでしょう。

 

丹光が黒の意味

丹光が黒の意味をご紹介します。

丹光が黒の意味

丹光が黒色の場合は、丹光が見える直前だったり、浄化がまだの状態です。

丹光は見たいと思っても見られるものではありません。

訓練せずとも見える人もいますが、それは少数派。

ほとんどの人は訓練の後に丹光が見えるようになっています。

丹光が見えるようになるには、訓練はとても大切なのです。

丹光が黒の場合は、諦めずに訓練を続けましょう。

訓練を続ければ、きっと見えるようになりますよ。

魂の浄化が必要だと自分で感じている場合は、浄化をして休養するのがおすすめです。

無理は禁物なので、まずは精神を安定させましょう。

丹光が黒色に見える時でも、続けていると色が変化するケースもあります。

そのまま違う色が見えた場合、それは第三の目が開いた状態といえるでしょう。

丹光が黒から変化した色で、自分の丹光の色を判断してください。

 

丹光が虹色の意味

丹光が虹色の時の意味についてまとめました!

丹光が虹色の意味

丹光が虹色の時は「幸運」を表しています。

幸運のエネルギーがあなたに降り注いでおり、それがエネルギーとなって丹光の虹色にあらわれている状態です。

丹光が虹色の時は、大体のことがうまくいきます。

ずっと叶えたいと思っていた夢があれば、その夢を叶えるチャンスですよ。

丹光が虹色に輝いて見えたら、チャンスを逃さないようすぐに行動を始めましょう。

丹光が虹色に見える時に備えて、自分の望む状況やしたいこと、自分の夢などをふだんから整理しておきましょう。

そして、虹色を見たらすぐに行動できるように計画を立てたり、下調べしておくのをおすすめします。

丹光が虹色の状態は長く続くとは限りません。

見たら絶対にチャンスを逃さないようにしましょうね。

丹光が動く意味

丹光が動く意味をご紹介します。

丹光が動く意味

丹光が動く場合、どのように動くかという表現は人によってさまざまです。

たとえば、「渦を巻くような動き」、あるいは「大きさが変わる」など。

人によっていろいろな表現があります。

中には、丹光の光が大きくなったり小さくなったりと変化をしている人もいて、丹光の動く表現に正解はありません。

映画みたいな映像やゲーム画面のような映像が見える人もいるなど、丹光が動く表現は種類が多いといえます。

丹光が映像で動く場合の意味としてはまず、未来予知の可能性があります。

丹光が動くことで、あなたに未来の重要な情報を教えてくれているかもしれませんよ。

また、霊視の能力があると、丹光の動く映像がよく見える場合もあります。

丹光が動く場合はこのような意味があるので、ぜひ参考にしてください。

丹光が映像で見えるときの意味

丹光が映像で見えるときの意味を紹介しましょう。

丹光が映像で見えるときの意味

丹光とは、自分の持つ生命エネルギーから発する光。

丹光の色や模様には、それぞれ意味があるとされています。

ときには、この丹光が映像で見える場合があります。

では、丹光が映像で見えるのにはどんな意味があるのでしょうか。

丹光の映像の見え方は、人によっていろいろ違います。

たとえば、セピア調の映像、少し画質のあらい映画のような映像、ゲーム画面のような映像など、表現の仕方はさまざまです。

丹光で映像が見えたとき、その映像はあなたにとって重要な場面を意味している場合が多いでしょう。

たとえば「未来予知」のように、丹光の映像は未来の重要なシーンを見せている可能性があります。

反対に、過去にトラウマを抱えている人は、過去の自分のトラウマの原因となったシーンを見せている可能性もあります。

丹光の映像が過去のシーンを見せてくれている場合は、過去のトラウマと向き合う必要があるでしょう。

 

 

丹光で映像が見えることが分かりました。

霊能力のある人の中には「霊視」で映像を見られる人もいます。

霊視で見えるものは未来や過去など、通常では見られないものだと言われています。

霊視能力を使った「霊視占い」というものもありますよね。

霊視とはそもそも何なのか、霊視について詳しくこちらの記事に書きました。よかったら読んでみてください!

↓↓↓

霊視で未来が見える?当たる方法と本物の見分け方・おすすめ霊視占い

霊視が本物かどうかの見分け方や、霊視をしてくれる霊能者さんの紹介もしていますよ。

霊視をうまく使えればいろんなことに活かせるので、まずはこちらをチェックしてみてくださいね。

丹光のまとめ

丹光とは、目を閉じた状態でまぶたの裏にあらわれる光です。

丹光のまとめ

純粋な子供のうちは、比較的誰でも見ることができます。

しかし大人になるにつれて、外から受け取るさまざまな要因が重なり、見えなくなってしまう人も大勢います。

今は見えない人も、生活環境を変えたり瞑想を習慣にするなどして、ふたたび見られる状態になるのも可能です。

丹光の光は自分の生命エネルギーの発する色なので、見られるようになると、自分の内側の状態を知れます。

丹光は色や模様によってそれぞれ意味があります。

まれに、丹光が色のついた光ではなく、映像としてあらわれる場合もあります。

丹光は自分の体調や取り巻く環境、エネルギーの変化などを表しているので、ふだんとは違う丹光が見えた場合は、意味を調べてみるとよいでしょう。

 

 

丹光と関係の深い瞑想

瞑想を習慣にしている人は、よく丹光を見るといわれます。

瞑想にはそもそもどんな効果があるのでしょうか。

瞑想の効果については、より詳しくこちらのページに書きました。よかったらチェックしてみてください。

↓↓↓

瞑想の効果はすごい!瞑想は恋愛や仕事にも変化を起こす!【体験談あり】

瞑想を習慣にすると、丹光がよく見えるようになるのはもちろんのこと、仕事や恋愛などにも大きな効果があるといわれています。

瞑想を生活に採り入れて、「毎日の充実感が増したばかりか彼氏までできた」という劇的な変化を体験した人もいます。

瞑想に興味がある人は、ぜひ参考にしてくださいね。

-ヒーリング

Copyright© どりかな ~願いが叶う占いサイト , 2020 All Rights Reserved.