ヒーリング

チャクラの意味とは?色は丹光と関係している?チャクラを開いて活性化させる方法

チャクラの意味とは?色は丹光と関係している?チャクラを開いて活性化させる方法

チャクラの意味とはなんでしょうか?

チャクラには7種類あります。

それぞれどのような違いがあるのか、それぞれの場所や意味を具体的に解説していきます。

また、色と丹光との関係、開き方や活性化させる方法も説明しています。

チャクラをコントロールできるようになるために、ぜひ参考にしてください。

チャクラの意味とはなにか

チャクラの意味とは何なのでしょうか。

チャクラの意味とはなにか

チャクラの意味には、体の中にあるエネルギーの出入り口というものがあります。

スピリチュアルな話でいうと、見えない世界と自分を結ぶ通路です。

人は普通に生活しているだけで、エネルギーや波動を様々なところから取り入れています。

それを体の中に循環させるのが、チャクラの意味と役割です。

7種類あるチャクラには意味がそれぞれあります。

7つは背骨に沿って頭の先から足の先まで、一直線に分かれています。

その他のチャクラの意味には、高いエネルギーを取り入れて、体内で使えるように変換していく場所というものもあります。

日光を浴びないと元気が出ない、森林浴をすると元気が出る、というように、自然のエネルギーを取り入れると人は元気になれます。

思いや感情を体とつなげてくれる場所でもあるのです。

流れを意識しよう

流れが悪くなってしまうと、自然のエネルギーを体に取り込むことができません。

チャクラを意識しよう

体調不良だったり疲れが溜まっている時は、流れが悪くなっていると考えられます。

チャクラの意味とは、アニメやドラマでいうような特別な力ではなく、誰にでも備わっている重要な存在なのです。

ただ、その存在を感じられるようになるには意識が必要です。

逆にいうと、意識をすれば誰にでも使いこなせるようになるのです。

チャクラの場所と特徴

チャクラの場所と特徴を解説していきましょう。

チャクラの場所と特徴

チャクラの場所は7種類あって、それぞれに意味があることはこれまでに説明しました。

7種類は、それぞれ第1チャクラ、第2チャクラ、……と呼ばれています。

ここでは、第1から第7までのチャクラの場所が身体のどこのあるのかと、それぞれの場所の特徴や色を紹介していきます。

また最近では、「第8チャクラ」と呼ばれる存在も、よく聞かれるようになりました。

第8チャクラの場所はどこにあって特徴はどんなものなのかも一緒に紹介していきますね。

第1チャクラの場所と特徴

第1チャクラの場所は、尾てい骨の辺りです。

第1チャクラの場所と特徴

赤色で表され、基礎となるものでもあります。

人間の体の全てを安定させる基盤を作る場所で、第1チャクラの場所は生存や成長など、生きる上で大切な部分に関わっています。

心理的な面での安心や、安全を感じられているかどうかにも影響し、家庭環境が良好かによっても左右されます。

第1チャクラが整っていれば、自分に必要なものは全て手に入ると感じられるくらい、重要な場所です。

第1チャクラの場所は他にも、必要なものを取り入れ、いらないものは排出するという人間の原理にも影響しています。

そのため、第1チャクラが不調の時は、体の消化器官の不調だけではなく、自分の過去や手放すべきものを手放せていない状態を表しています。

第2チャクラの場所と特徴

第2チャクラの場所は仙骨です。

第2チャクラの場所と特徴

オレンジ色で表される第2チャクラの役割は人生を創造し、価値を与えるものへとステップアップさせてくれます。

第1チャクラの場所はより安定した生命力から、感情や欲求などの面を教えてくれます。

第2チャクラは全ての感覚を活性化させてくれるでしょう。

感情表現に関わる部分なので、自分の素直な感情を出せなかったり、抑圧してしまっていたりすると、第2チャクラの場所は乱れてしまいます。

感情には悪いものはありません。

自分の感情に素直になれず、周りに合わせていたり、悲しい気持ちを抑えていたりすると、自分自身も崩れてしまいます。

良い悪い関わらず、自分の感情を素直に表現するようにしましょう。

欲求などにも関わるので、第2チャクラの場所が乱れている時は自分に素直になれていないということです。

第3チャクラの場所と特徴

第3チャクラの場所は、胸骨の下からおへその間の辺りです。

第3チャクラの場所と特徴

第3チャクラは黄色で表され、自己を示しています。

自尊心や、自分の意志や進む方向などを示しているので、一人の人間として確立しているかどうかがわかります。

また、第3チャクラは自分だけではなく、協調性など他人との関係性の部分も影響してきます。

自己が確立している状態での相手との関係は、自分の意志を持っているので円滑に進みます。

人に流されて嫌な思いをすることがなくなります。

反対に自分を見失っていたり、人との関係性に悩んでいたりする時は、第3チャクラが乱れてしまっている時です。

自分が人との関係に恐れていたり、依存してしまっていたりする状態でも、第3チャクラは閉じてしまうでしょう。

第3チャクラが力を発揮できれば、被害者意識もなくなります。

あの人がこうだから自分はこうだというように、人のせいにすることがなくなるでしょう。

第4チャクラの場所と特徴

第4チャクラの場所は、胸の真ん中辺りです。

第4チャクラの場所と特徴

緑色で表され、物質と魂の世界をつなげる役割を担っています。

第4チャクラの場所はハートを象徴しており、愛情や思いやり、共感などを表します。

第3チャクラで自己が芽生えた次には、気持ちが他人へと移行します。

第4チャクラは相手のことを考えられるようになるので、相手のエネルギーに同調できます。

初めて会った人に対して、初めて会った気がしない場合は、エネルギーの合う人だということです。

第4チャクラが高まっている状態にあると、全ての人から愛される価値があると感じられるようになるでしょう。

自分の存在価値を見い出し、人から好かれていると感じられるでしょう。

反対に第4チャクラが乱れていると、人からの愛を感じられずに、孤独を感じるようになります。

第5チャクラの場所と特徴

第5チャクラの場所は、首の付根の辺りです。

第5チャクラの場所と特徴

青色で表され、世の中に魂を表現するための役割を担っています。

第5チャクラは自分がどのような人間なのか、どのような人生を歩んでいきたいのか、真実を表現しようとします。

自分の望む人生を歩む手助けをしてくれるでしょう。

第5チャクラの場所は直感力にも影響します。

直感で湧き上がった自分の感情を信じられるようになり、他人にどう思われているのかを気にする必要がなくなります。

第5チャクラが乱れている時は、自分を表現できない状態にあります。

人から言われた偽りの姿や、誰かのために行っている表現をしていると弱くなってしまうでしょう。

自分の表現なので、コミュニケーションの面にも影響します。

様々な面で影響が出る場所なので、第5チャクラが乱れてしまうと、自分を見失ってしまいます。

第6チャクラの場所と特徴

第6チャクラの場所は眉間の真ん中にあります。

第6チャクラの場所と特徴

藍色で表される第6チャクラは「サードアイ(第三の目)」とも呼ばれているように、ビジョンを示しています。

ここが強くなることで、偏見なしに人生を正確に見られるようになります。

物事の外側に惑わされることなく、本質を見られるようになるでしょう。

魂からのメッセージが感じられるようになり、本当に自分が望む夢や将来を考えられるようになります。

何をしたいのか定まっていない人も、第6チャクラが強まれば、迷うことなく自分の進みたい道に気づくでしょう。

第6チャクラが乱れてしまうと、集中力が低下してしまいます。

それだけではなく、被害妄想に陥ることになり、偏った考えをするようになるでしょう。

物忘れしてしまう場合もあるので、乱れると生活に支障をきたす場合もあります。

 

サードアイについては、こちらの記事にも詳しく書きました。よかったらこちらも読んでみてくださいね。

↓↓↓

サードアイが開くとどうなる?チャクラや瞑想との関係!覚醒・開眼する前兆や簡単に開く方法

第6チャクラであるサードアイが覚醒すると、身体的な変化があるばかりでなくスピリチュアルな能力に目覚めるという意味もあります。

サードアイが開いている人の特徴や見分け方、サードアイを開く方法なども詳しく解説していますよ。

 

第7チャクラの場所と特徴

第7チャクラの場所は頭頂にあります。

第7チャクラの場所と特徴

紫色で表され、霊性を示しています。

第7チャクラはスピリチュアルな世界をつながることができるので、より広い視野で物事を見られるようになるでしょう。

第7チャクラが整っていると、何事においても不安がなくなります。

未来に対する漠然とした不安がなくなるので、全ては上手くいくと思えるようになるでしょう。

また過去世の自分を感じられるようにもなるので、直感力が芽生えるでしょう。

例えば知らない場所を知っているような感覚になったり、初めて会った人が初めてのような気がしなくなったりします。

それらは、過去世とのつながりがあるとわかるようになります。

逆に、この場所が乱れてしまうと、エネルギーの不足を感じるようになります。

気力が出ずに、何もしたくないような状態に陥ってしまいます。

それくらい大切な部分ということです。

第8チャクラとは!?

第8チャクラというものもあります。

第8チャクラとは?

第8チャクラの場所はどこかというと、実は体の外側、頭頂よりもより高い位置にあるといわれています。

体の外側にあるため、肉体の域を超えたスピチュアルな世界に存在します。

どの場所よりも、第8チャクラを開くのは難しくなります。

もし開くことができれば、より人からの愛や癒やしが感じられるようになります。

通常は見ることも感じることもできない領域までわかるので、通常の人の状態を超越することになるでしょう。

未来が見えるだけではなく、普段感じる悩みがちっぽけなものだと感じるようになります。

第8チャクラを開くためには、自分の外側だけではなく、内側に目を向けて自身と向き合う必要があります。

自分と向き合い、本当に求めているものを探し当てた時に、やっと目覚めるのです。

チャクラの色と意味

チャクラの色は、上記で紹介したように、7つそれぞれにあります。

チャクラの色と意味

もう一度それぞれのチャクラの色をまとめると、次のようになります。

第1チャクラ:赤色
第2チャクラ:オレンジ色
第3チャクラ:黄色
第4チャクラ:緑色
第5チャクラ:青色
第6チャクラ:藍色
第7チャクラ:紫色

チャクラの色は7つに分かれていますが、7つの色が全て同じようには見えません。

状態によって、一つの色が濃く見えたり薄くなったりします。

人それぞれ違うオーラの色が出ているというのは、聞いたことがあるかもしれませんね。

その人の性格や生き方により、元々濃く出る色もあります。

それがその人の基本のチャクラの色です。

それに加え、その時の心身の状態により、色合いが変わってきます。

赤色

赤色は、生命力や生活力を表しています。

現実を生きるという意味もあるので、これが強い時は活力が湧いている状態だと言えるでしょう。

オレンジ色

オレンジ色は、自立心や創造性を表しています。

男性性、女性性を表しており、女性の場合は体のことを表しています。

子供を生む力も表しているので、ここが弱まっていると女性は体に危険があるかもしれません。

黄色

黄色は、自信や活力を意味します。

この色が強く出ている時は自信にみなぎっています。

ピンク色

ピンク色は、愛情や感情を表しています。

ピンクオーラは恋愛を表しているというのは、本当なのですね。

青色

青色は、コミュニケーションを意味します。

この色が強い人は、周りの人と調和したり話したりするのが得意でしょう。

藍色

藍色は、直感力やスピリチュアルな力を意味します。

この色が強い人は、第六感が働かくかもしれません。

紫色

紫色は、つながりや人生の目的を意味します。

人や、それ以外のスピリチュアルなものとのつながりが深くなるでしょう。

丹光とチャクラの色の相関関係!丹光でチャクラの状態が分かる?

丹光とチャクラはとても密接に繋がっています。

丹光とチャクラの色の相関関係!丹光でチャクラの状態が分かる?

丹光とは「目を閉じていても見える光」のことで、サードアイで見ている光といわれています。

サードアイが活性化することで、丹光が見えるようになります。

サードアイは第6チャクラともいわれているため、丹光とチャクラの関係は深いのです。

赤色

丹光が赤色の時はグラウンディング状態を表しています。

グラウンディングとは、現実的に生きている状態のことです。

鮮やかに見えていると、地に足がついているといえます。

赤は第1チャクラと同じなので、丹光が赤く見えた時は第1チャクラが強い状態です。

オレンジ色

丹光がオレンジ色の時は、創造のための行動ができる時です。

丹光がオレンジ色の時は第2チャクラが強くなっています。

黄色

丹光が黄色の時は、感情を表しています。

明るく活発で感情がいい状態にあるでしょう。

丹光が黄色の時は第3チャクラが強くなっている状態です。

緑色

丹光が緑色の時は、愛情を表しています。

丹光が緑色の時は、第3チャクラが強くなっているでしょう。

青色

丹光が青色の時は、コミュニケーション能力を表しています。

良い人間関係を築ける時なので、自分の世界を広げるといいでしょう。

丹光が青色の時は、第4チャクラが強くなっている状態です。

水色

丹光が水色の時は、自己表現を表しています。

自分の意思を伝えられるような、表現をしたくなるでしょう。

丹光が水色の時は、第5チャクラが強くなっています。

紺色

丹光が紺色の時は、第三の目が開いている証拠です。

丹光が紺色の時は、第6チャクラが強くなっている状態です。

紫色

丹光が紫色の時は、バランスを表しています。

精神面においても、健康面においてもいい状態でしょう。

丹光が紫色の時は、第7チャクラが強くなっている状態です。

白色

丹光が白色の時は、宇宙との交信を表しています。

第6、7チャクラと深い関わりがあります。

金・銀色

丹光が金・銀色の時は、宇宙から地上へと降り注ぐエネルギーを表しています。

虹色

丹光が虹色の時は、幸運を表しています。

マーブル

丹光がマーブルの時は、トラブルを表しています。

マーブルに見えた時は、何かしら問題が起きるかもしれません。

 

 

これまで紹介したように、丹光とは目を閉じた時に瞼の裏側に見える光のことです。

丹光は、いわば「自分の内面の状態を表す光」

疲れていたり忙しすぎる毎日では、丹光が見えにくくなるといわれますから、この丹光がよく見える時は、チャクラが健全でよく開いている状態なのです。

丹光についてはこちらの記事に詳しく書いています。よかったらチェックしてみてください。

↓↓↓

丹光とは?見える人の特徴と効果、各色の意味と瞑想との関係

丹光は、チャクラの色のように、その形状や見え方などによって意味がそれぞれ違います。

丹光の意味を知って、さらに充実した幸せな毎日を送りましょう。

 

チャクラが開くとどうなるか

チャクラが開くとどうなるのでしょうか?

チャクラが開くとどうなるか

実際にチャクラが開くとどうなるのか見ていきましょう。

チャクラが開くと、今抱えている問題など、課題が解決するといわれています。

エネルギーの出入り口になっているため、チャクラが開くことで宇宙と地上のエネルギーが循環するようになります。

ただ、チャクラを開くのは良いことだけではありません。

チャクラを開くと様々なエネルギーを受け取るようになります。

良いエネルギーだけを取り入れられれば良いのですが、世の中には悪いエネルギーもあります。

7つのチャクラのバランスを保つように開く

ただチャクラを開くだけでは、両方のエネルギーを取り入れてしまいます。

7つのチャクラのバランスを保つように開く

どれか一つだけが開いてしまうと、エネルギーが偏って逆効果です。

したがって、チャクラを開く時は、7つのバランスを保つ必要があります。

一つだけ開きすぎると、開きすぎた場所の特性が強く出すぎてしまい、体に悪影響を及ぼすでしょう。

しっかりと心のバランスを取り、健康な体を作り上げれば、チャクラを開くことでバランスが取れるようになります。

心身が整っていない状態で、無理に開こうとするのはやめましょう。

チャクラの開き方と活性化させる方法

チャクラの開き方と活性化させる方法を見ていきましょう。

チャクラの開き方と活性化させる方法

チャクラの開き方がわかれば、自分の体に良いエネルギーをたくさん送れるようになりますよ。

まず、チャクラの開き方で大切なのはリラックスすること。

体をリラックス状態にしましょう。

瞑想をしたり、アロマを焚いたり、自分にとってやりやすい方法でリラックスしてください。

開く時は、第1チャクラから順番に開いていきます。

リラックス状態から、背骨が真っすぐになるように座ります。

足は前で軽く組み、全体に流れる意識をしましょう。

活性化させる方法

チャクラの開き方がわかったら、次は活性化させましょう。

チャクラの活性化

活性化させるには、正しい位置を知り、浄化させる必要があります。

チャクラの力を高めるには、一つ一つの色をイメージしながら、足の裏から白い光を入れて合体させていきます。

第1から第7まで順番に行っています。

すべての場所が開いたら、そのすべてのチャクラが振動している状態を意識してください。

オーラはだんだんと拡大していきます。

その感覚に意識を向けましょう。

オーラが拡大していくと、物質との境界線がなくなっていく姿がわかります。

その後閉じるまで、広がっている感覚を掴めるようにしてください。

その状態が、活性化できている時です。

チャクラと瞑想の関係

チャクラは瞑想により開かれ、活性化されていきます。

チャクラと瞑想の関係

なぜチャクラは瞑想で目覚めるのでしょうか?

瞑想をすれば、自分の内側の声に耳を傾けられるようになるからです。

また、リラックスも必要とされるチャクラは瞑想すればストレスが減り、肉体と精神のバランスを整えられます。

またチャクラは瞑想で不調に気づけるのもポイントです。

チャクラは瞑想によって、親密な関係にある潜在意識と繋がれるというメリットもあります。

また、常に良いエネルギーを外側から取り入れる必要もあります。

瞑想をすれば、頭と体を空っぽにできるので、良いエネルギーを吸収できます。

チャクラは瞑想で安定する

チャクラは瞑想して心がリフレッシュすると、安定してきます。

瞑想でチャクラが安定する

チャクラが乱れている時にも、瞑想は効果的です。

チャクラは瞑想しながら開くようにすれば、落ち着いて集中できるでしょう。

チャクラの意識ができない、わからない人も、まずは瞑想から始めるのがいいですよ。

瞑想をしていくうちに精神が研ぎ澄まされ、しっかり感じられるようになります。

また、心が乱れた状態では気づけません。

チャクラと瞑想の関係では、開く前に瞑想するようにすると、さらに開けるようになります。

ヒーリング効果を高める上でも、瞑想はよく使われます。

習慣づけていけば、自然とチャクラが開くようになりますよ。

 

とはいっても、そもそも瞑想のやり方がよく分からないという方も多いかもしれません。

瞑想のやり方についてはこちらの記事に詳しく書きました。よかったら参考にしてみてくださいね。

↓↓↓

瞑想のやり方は朝や寝る前に寝ながらすると効果的!?初心者にも簡単で幸福感に満たされる方法

瞑想の効果を最大限に引き出すためには、まず正しい呼吸法や姿勢を身に付けることが大切です。

上の記事で、初心者にも簡単な瞑想のやり方を習得してチャクラを開き、幸福感に満たされた毎日を手に入れましょう!

ツインレイとチャクラの関係

ツインレイとチャクラは密接に関係しています。

ツインレイとチャクラの関係

チャクラの中でもハートチャクラと呼ばれるものがあり、それがツインレイとの出会いに影響を及ぼします。

ハートチャクラとは、第4チャクラのことです。

第4チャクラは愛情と関係しているため、このように呼ばれます。

その名前の通り「心臓あたり」にあるのですが、普段は眠っています。

ツインレイとの出会いでチャクラは目を覚まします。

ツインレイと出会うとチャクラが開いて、感情を共有できるようになるのです。

たとえば、ツインレイはチャクラが開くと、出会った途端に「この人がツインレイだ!」とお互いに気づくでしょう。

魂の片割れの存在であるツインレイはチャクラで唯一繋がれるようになっています。

ハートチャクラの覚醒

出会ったツインレイはチャクラの覚醒によって、お互いがツインレイとして生きていく宿命を知ります。

ハートチャクラの覚醒

ツインレイはチャクラが覚醒すると、試練を乗り越えようとします。

それに伴い、ハートチャクラには様々な症状が出るでしょう。

心臓のある左側に痛みが出たり、胸の動悸が起きたりします。

また、ツインレイをチャクラが拒絶するようになります。

ハートチャクラの突然の症状についていくのは、なかなか難しいかもしれません。

最初は何が起きたかわからず、自分の意思とは無関係に体が動いているような感覚を抱く場合もあります。

チャクラのまとめ

チャクラとは何か、色と場所、それぞれの意味について見てきました。

チャクラのまとめ

チャクラは目に見えるわけではありませんが、特別な人にだけ備わっているものでもありません。

人間の体に必ず流れているのがチャクラで、特に優れている場所は人によって異なります。

チャクラの開き方を覚えれば、自分でコントロールできるようになります。

コントロールできるようになれば、精神的に悩むこともなくなり、生きやすくなるでしょう。

スピリチュアルな世界とも繋がるようになって、全てが上手くいくようになります。

自分に目覚め、周りと調和できるようになり、今まで感じたことのない幸せを感じられるようにもなります。

チャクラを活性化させて、充実した幸せな人生を手に入れましょう。

-ヒーリング

Copyright© どりかな ~願いが叶う占いサイト , 2020 All Rights Reserved.