占い

四柱推命で運命を読み解く!占いの帝王・四柱推命の的中率をあげるための基礎知識

更新日:

四柱推命で運命を調べよう!

四柱推命について、基礎の基礎から詳しく解説をしていきます。

これから四柱推命を知る一歩を踏み出したい方にぴったりの情報です。

四柱推命は当たるのか?四柱推命で何が分かる?占うには何が必要?

四柱推命は当たるのか、四柱推命でどんなことをがわかるのか、四柱推命で占う時には何が必要なのかについてまとめました!

四柱推命は当たるのか?四柱推命で何が分かる?占うには何が必要?

四柱推命では陰陽五行説をベースにした占術であり、生年月日や生まれた時間をもとに人の運勢を占います。

そのため、四柱推命で占う時には、占う対象の生年月日や生まれた時間のデータが必要になります。

四柱推命の的中率は高く、占いの中でも当たる方といえるでしょう。

その的中率の高さから四柱推命は人気が高く、日本国内でも複数の流派があり研究がすすめられています。

生年月日や生まれた時間で占う

四柱推命はどうやって占うのでしょうか。

生年月日や生まれた時間で占う

四柱推命は生年月日や生まれた時間をもとに占いをします。

占いといっても計算が多く、統計学的な要素もあります。

このように数字をもとにしている部分が、四柱推命が当たるといわれている理由です。

四柱推命でわかることは様々です。

まず、人の未来や全体的な運命、その年に起きる可能性のある出来事など、時間に関するものが分かります。

他には仕事運、結婚運、恋愛運など人に関わるものも四柱推命で占えます。

反対にパチンコや競馬など、人と直接関係なく運が関係しているギャンブルなどは、四柱推命では占うことができないので注意しましょう。

四柱推命の歴史

四柱推命の歴史について確認していきましょう!

四柱推命の歴史

四柱推命は占いの中でも歴史がある占いです。

それだけ技術と経験が積み重なってきている占いともいえますね。

四柱推命のルーツは古代中国にまでさかのぼることができます。

四柱推命は形が変わって伝わってきていますが、四柱推命の基礎的な考えが出来上がったのは3,000年以上も昔であるといわれています。

このことからも四柱推命の歴史の長さが伝わってきますね。

しかし、初めのころの四柱推命は今のように占いではなく、統計学の一種として扱われていました。

四柱推命が今のように占いの一つとして扱われ始めたのは紀元3世紀ごろからです。

それでも四柱推命は歴史がありますね!

国政を占っていた

中国ではどのように活用されていたのか。

国政を占っていた

それは、古くから政治の局面を占うなど、大切な場面で四柱推命を活用してきました。

その政治が良くなるのか悪くなるのか、国は今後どうなるのかなど大切なことを四柱推命で占ってきました。

そんな四柱推命が日本に伝わってきたのは数百年前です。

日本での四柱推命の歴史はそんなに古くないといえるでしょう。

仙台藩で四柱推命が発展した書物が翻訳されたことによって日本で四柱推命の歴史が始まりました。

今では複数の流派に発展し研究がすすめられています。

四柱推命の四柱・命式とは?

四柱推命の四柱や命式についてまとめました!

四柱推命における四柱・命式とは?

四柱推命において四柱や命式はもっとも大切なものであり、四柱推命の特徴となっています。

四柱推命の四柱とは名前にも入っている通り、四柱推命の重要な部分です。

四柱とは、生年月日の中でも、生まれた年をもとにした年柱、生まれた月をもとにしている月柱、生まれた日付をもとにしている日柱、そして生まれた時間をもとにして出された時柱の4つを指しています。

そのため、四柱推命では、生年月日と生まれた時間の情報が必要になってきます。

命式でわかること

生年月日と生まれた時間の情報をもとにして作られた四柱をもとにして、命式というものを作ります。

命式でわかること

命式を作ることによってその人自身の運勢や未来など様々なことがわかります。

命式とは四柱推命で表形式の運命をみていくのに必要なものです。

そして、四柱推命では更にこの命式と合わせて十二支も用いて占いを行います。

四柱推命では十二支と命式の組み合わせや統計データによって、占いを進めていきます。

四柱推命では特別な道具などは必要なく、方法さえ分かれば誰でも占うことができます。

しかし、四柱推命を始めるにあたっては、四柱や命式といった考え方を理解しておくことが何より大切です。

四柱推命の宿命星とは?干支(十二支)との関係

四柱推命の宿命星について見ていきましょう。

四柱推命における宿命星とは?干支(十二支)との関係

また、干支(十二支)との関係についても見ていきます。

四柱推命で四柱と命式の他に大切なものが宿命星です。

四柱推命において宿命星とは、十二支と四柱の関係をあらわしたものです。

四柱推命では、四柱と十二支の関係である宿命星を使って占っていきます。

宿命星は、個人の生年月日をもとにした四柱とその人の干支(十二支)を使って導き出すものです。

宿命と名前がついている通り、宿命星は一人一人違ってきます。

宿命星でわかること

一人一人が生まれた時から持っている宿命や基本的な運勢を、宿命星によって知ることができます。

宿命星でわかること

宿命星はこの他にも、基本的な性格を知るのにも役立ちます。

宿命星は四柱推命において大切なものであり、その人の人となりや運命を知るのに役立ちます。

ですから、相性占いを四柱推命で占う時にも使います。

四柱推命で気になる相手との相性を占いたい場合には宿命星が必要になります。

宿命星を出すために、相手の生年月日を調べておきましょう。

四柱推命で占う時には生まれた時間の情報も使います。

ただ、生まれた時間は正確な情報を集めるのが難しいので、もし分からなければ省略しても大丈夫です。

四柱推命の十二運星とは?

四柱推命の十二運星とは何なのかについて紹介していきます!

四柱推命の十二運星とは?

四柱推命の十二運星は、運勢エネルギーをあらわしています。

宿命星は、その人の生涯全体の運勢や基本的な性格をあらわしていました。

それに対し、十二運星はより細かく、その人の生涯を通じての個人の性格や運勢の流れやエネルギーを占うことができます。

十二運星を使うと全体的な運勢の流れがわかるので、四柱推命でより細かくピンポイントの時期について占いたい場合に適しています。

四柱推命で十二運星は、「長生、沐浴、冠帯、建禄、帝旺、衰、病、死、墓、絶、胎、養」の12種類の文字で示されます。

「病」や「死」などといった一般的に悪いイメージの言葉も十二運星にはあるので、気になる人もいるかもしれませんね。

でも、一般的な漢字の意味と四柱推命の十二運星の意味はとくに関係がありませんので安心してください。

運勢・エネルギーや個人の性質の流れ

四柱推命において十二運星では、個人の運勢の流れやエネルギーの流れを読み解くことができます。

十二運星は同時に、個人の性格や能力、才能の移り変わりもあらわしています。

運勢・エネルギーや個人の性質の流れ

十二運星を読み解くときには注意が必要です。

見出し(全角15文字)

どの項目をあらわしているのかを考えながら、慎重に読み解かなければなりません。

単純に運勢のエネルギーや運の良し悪しを占っているわけではないので注意しましょう。

初心者には四柱推命の十二運星は難しいので、専門家の力を借りるのもおすすめです。

四柱推命の行運と流年・大運の意味や考え方

四柱推命の行運と流年・大運の意味や考え方を解説していきます!

四柱推命の行運と流年・大運の意味や考え方

四柱推命の行運は「こううん」と読みます。

行運は後天的な運気の波やエネルギーです。

四柱推命の命式は生年月日と生まれた時間で決まる「先天的な運勢」であるのに対し、行運は「後天的なもの」です。

そして、この行運は大運流年の二つに大きく分けられます。

流年の考え方

まず、四柱推命の流年の考え方を見ていきましょう。

流年の考え方

流年は毎年の運気を表しています。

具体的には、その年の干支と命式本体をみて占います。

独立して流年のみを占うことは少なく、最近は大運とバランスを見ながら鑑定を進めていくのが主流です。

大運の考え方

続いて、四柱推命の大運の考え方を見ていきましょう。

大運の考え方

流年よりも長いスパンで見た運命の流れをあらわしています。

少しわかりやすい言い方でいうと人生のバイオリズムです。

四柱推命の中でも大運の的中率は高いです。

他の占いよりも四柱推命が当たるといわれているのは、大運の的中率が高いことも関係しています。

大運によって人生の節目のタイミングがわかります。

四柱推命で行運や大運の流れをつかめば、自分の人生の運の流れを把握し生活に役立てることが可能です。

四柱推命の命式の出し方

四柱推命の命式の出し方について解説していきます!

四柱推命の命式の出し方

四柱推命はまず命式を出して、様々な占い結果を導く必要があります。

四柱推命は統計学も絡んでいて計算によって結果を求める占いなので、命式の出し方さえ分かれば自分で四柱推命を使った占いも簡単にできます。

四柱推命の命式の出し方は、生年月日と生まれた時間をもとにします。

生まれた時点で決まっているので、一度四柱推命の命式を出しておくと一生使えます。

これは便利ですね。

四柱推命の命式の出し方は、もちろん自分で計算してもOK。

でもおすすめは、インターネット上のサイトを使って無料で四柱推命の命式を出す方法です。

四柱推命の精密運命式作成サイトもある

特におすすめのサイトは、「四柱推命の精密運命式(命式・大運・年運等)作成」というサイトです。

四柱推命の精密運命式作成サイト

こちらのサイトでは必要事項を入力するだけで、かなり精密な四柱推命の命式を無料で出してもらえます。

このサイトで四柱推命の命式を出すときは、氏名(任意)、性別、生年月日、生まれた時間、タイムゾーン、地方時差、蔵干算出法、根の取り方を選ぶ必要があります。

蔵干算出法と根の取り方は、自分の占いたい内容に合っているものを選びましょう。

また、四柱推命の命式を出すだけでなく年運も表示できます。

四柱推命の命式表の解読方法

四柱推命の命式表の解読方法を見ていきましょう。

四柱推命の命式表の解読方法

四柱推命の命式を解読できれば自分で四柱推命で占いができます。

まずは自分の四柱推命の命式表を確認してみましょう。

黒い星の意味

黒い星の意味をみていきましょう。

黒い星の意味

命式表の中に黒い星(●)があるかと思いますが、この黒い星がが木・火・土・金・水・と均等に入っている人は五行が安定していて、多少バイオリズムが悪くなっても何とか持ち直すことができる人です。

反対に、命式表の中の黒い星が同じ箇所に3個以上ある人はバランスが偏っている人です。

その場所の項目が悪いということを示しています。

とはいえ、命式表の黒い星のバランスが悪い方は、全体的な運が悪いというよりもバイオリズムの影響を受けやすいという解釈の仕方がおすすめです。

うまくいくときはうまくいくし、反対にうまくいかない時期にあれこれじたばたしても事態は解決しないとどっしり構えると良いでしょう。

これも個性の一つです。

四角い表の見方

続いて命式表の四角い表の見方です。

四角い表の見方

上から3行目の漢字が良い意味です。

漢字の並びが良い場合は強運であることを示しています。

また、3行目の漢字はその人の表に現れる運勢を表しています。

そして、5行目はその人の精神面や家族運等、表に出てきにくい運勢をあらわしています。

四柱推命を無料で占えるおすすめサイト

四柱推命を無料で占えるおすすめサイトを3つ紹介していきます!

四柱推命を無料で占えるおすすめサイト

マニアック四柱推命

まず最初におすすめする四柱推命を無料で占えるサイトは「マニアック四柱推命」です。

四柱推命を無料で占えるのも嬉しいですが、本人と相手(相性占いの場合)の生年月日を入力するだけで占えるのもポイントですね。

四柱推命は情報さえ入手すれば占えるので、インターネット上のサイトで行うのに適した占い方法ともいえるでしょう。

新栄堂

続いて2つ目の四柱推命を無料で占えるおすすめのサイトは「新栄堂」です。

新栄堂では四柱推命でその年の運勢を占うことができます。

占いたい年も入力することができるので、今年の運勢や来年以降の運勢を占うのも良いし、過去のことを振り返って占うのも楽しそうです。

何度も占いができるのが無料の占いの魅力ですね。

4PD.ORG

そして、四柱推命を無料で占えるおすすめのサイト3つ目は「4PD.ORG」です。

こちらでは生年月日と性別を入力して四柱推命を無料で行えます。

生年月日と性別さえわかれば占いができるので、例えば芸能人や気になる相手などを四柱推命で無料で占ってみるのも楽しそうです

四柱推命で性格を占う方法と鑑定判断のポイント

四柱推命で性格を占う方法と鑑定判断のポイントを紹介していきます。

四柱推命で性格を占う方法と鑑定判断のポイント

四柱推命で性格を占うにはまず命式を出し自分の運命星を知る必要があります。

四柱推命で性格は命式の中でも日柱に出るといわれています。

自分の命式の中でも日柱を見ていきましょう。

自分の漢字がなんなのか、そしてその漢字はどんな意味を示しているのか、五行の相性などをもとに鑑定をしていきます。

星の出し方は流派にもよります。

表向きと裏向きの性格

四柱推命では表向きの性格(人との接し方)と裏向きの性格(心の奥底での考え方や環境によるもの)がわかります。

表向きと裏向きの性格

表向きの性格は年柱と天干の組み合わせによってわかります。

長所と短所は鏡合わせのような関係ですので、結果にあまり一喜一憂せず「自分の個性だ」と受け入れることも必要になります。

四柱推命は生年月日と生まれた時間さえわかれば鑑定が可能です。

四柱推命の性格占いは当たるのかどうかや、具体的に四柱推命で性格を知る見方についてこちらの記事により詳しく書いています。よかったらチェックしてみてください。

↓↓↓

四柱推命の性格占いは当たるのか?成り立ちや見方、性格悪いといわれる理由や相性など

上の記事を読むと、自分である程度は四柱推命で性格を占うことが可能になりますよ!

 

ただ、四柱推命は奥がとても深く、様々な鑑定結果が絡んできます。

そのため、実際に占い結果を導き出すのは、初心者には難しいかもしれません。

そこで、はじめのうちはインターネットの無料サイトなどで四柱推命をやってみるのをおすすめします。

四柱推命の無料占いサイトの中には、性格診断をしてくれるサイトも数多くあるので参考にするとよいでしょう。

四柱推命で結婚運を占う方法と鑑定判断のポイント

四柱推命で結婚運を占う方法と鑑定判断のポイントについて紹介していきます。

四柱推命で結婚運を占う方法と鑑定判断のポイント

四柱推命で結婚を占う場合には、年運や大運を占って自分の結婚について調べる方法と、命式と自分の運命星からおおまかな結婚について占う方法があります。

四柱推命で結婚を年運や大運をもとにして占いたい場合には気になる年の年運や大運を調べます。

その年の運が良ければ結婚についても前向きな出来事が起きる場合が多いです。

反対にその年の運が悪かったり全体的な流れが悪い場合には、結婚についても焦らず慎重になった方が良さそうです。

命式・運命星では男女の見方が違う

続いて四柱推命で命式や自分の運命星からおおまかな結婚について占う場合。

命式・運命星では男女の見方が違う

これは男女によって鑑定方法のポイントが異なるので注意してください。

男性の場合

まずは男性の場合を確認しましょう。

男性にとって、妻をあらわすのは正財星、偏財星です。

なので、正財星、偏財星の命式中の位置により判断をしていきます。

年柱にあれば一番早婚であり、その後は月柱、日柱、時柱の順で根気が遅れていくという見方ができます。

命式の中にそもそも正財星・偏財星がない場合は、結婚に対して興味が薄いのかもしれません。

これは運勢ではなく潜在的な意識です。

女性の場合

続いて女性の場合は、夫をあらわすのは正官星・偏官星です。

男性の場合と同様に見ていきましょう。

四柱推命で相性を占う方法と鑑定判断のポイント

四柱推命で相性を占う方法と鑑定判断のポイントについて確認していきましょう。

四柱推命で相性を占う方法と鑑定判断のポイント

四柱推命で相性を占うには当然ですが自分だけではなく相手の情報も必要になります。

相手の生年月日を調べておきましょう。

本来の四柱推命では生まれた時間も使って占いを行いますが、生まれた時間は正確なものがわかりにくいので省くことも可能です。

四柱推命で相性を占う方法はいくつかあります。

その中の一つで簡単なものが五行のバランスを占って相性診断をする方法です。

五行のバランスで相性を占う方法

この方法では互いの命式表で五行をみて占います。

五行のバランスで相性を占う方法

五行のバランスが互いに良ければ相性が良いと判断できます。

反対に五行のバランスが悪いと、その人とは残念ながら相性が悪いということになります。

しかし、この結果はあくまでも生まれた時点での潜在的な情報に基づくものです。

このほかにも四柱推命で相性を占う方法はたくさんあり、支合を使う方法や内格、外格を使う方法などがあります。

四柱推命は生年月日をもとにして占うので、自分の行動によって占い結果を変えることはできません。

あくまでも占い結果は潜在的なデータをもとにした、生まれた時の相性と考えてください。

本当に気になる相手であれば自分から行動するのも大切です。

 

 

四柱推命の相性占いについてはこちらの記事により詳しく書きました。よかったらチェックしてみてくださいね。

↓↓↓

四柱推命の相性占いは当たる?当たらない?詳しい見方と相性が悪い場合の対処法

上の記事では、相性が悪いと出てしまった場合の理由や対処法も書いていますので、ぜひ参考にしてください。

四柱推命で仕事や適職を占う方法と鑑定判断のポイント

四柱推命で仕事や適職について占う方法と鑑定判断のポイントを紹介していきます!

四柱推命で仕事や適職を占う方法と鑑定判断のポイント

四柱推命では仕事や適職についても占うことができます。

四柱推命では生年月日をもとにして作った命式表をみてその人の性格、それによって導き出された適職や向いている仕事、全体的な運勢の流れを見てどんな仕事をいつから始めるのかいいのかを判断していきます。

四柱推命で仕事や適職を調べたいのであれば、月柱と変通星が交わっている位置を見ていきましょう。

この位置にある星は月支元命(げっしげんめい・がっしげんめい)と呼ばれる星です。

月支元命とは

月支元命とは何なのでしょうか。

月支元命とは

月支元命はその人をあらわす星といわれています。

性格や適職、向いている仕事についても知ることができます。

なので、四柱推命で仕事や適職について知りたいときは、まず月支元命を調べてみましょう。

他には四柱推命の月柱と十二運、日柱と十二運が交わるところを見ていきましょう。

この場所の星は人との接し方を占うことができます。

ここをみることで人との関わり方、組織の中で自分がどんな立ち位置になるか、組織の中で自分がどんなパフォーマンスができるのかについて知ることができます。

四柱推命で精密に鑑定するには?

四柱推命で精密に鑑定する方法を紹介していきます。

四柱推命で精密に鑑定するには?

四柱推命で精密に鑑定するためには、まず命式表を精密に作り出すことが必要になります。

四柱推命は計算をもとにして占いをしていきます。

そのため、そもそもその計算に使うデータが間違っていると、どんなに頑張っても正確な占い結果を出せません。

まず、四柱推命に使うデータを正確なものにしましょう。

四柱推命に使うのは生まれた時間と生年月日です。

生年月日は調べるのが簡単ですが、万が一生まれた時間がわからない場合は不明のまま占うことも可能です。

適当な数字を入力するのはやめましょう。

精密な計算のためサイトを利用しよう

初心者の方は四柱推命で命式を出そうとして、間違った方法で計算をしてしまう可能性があります。

精密な計算のためサイト利用しよう

データが合っていても、計算が違っていると精密な占い結果は出ません。

ですから、四柱推命の命式表を出す時は便利なサイトを利用するのがおすすめ。

「四柱推命運命式作成(精密版)」というサイトは、必要事項を入力するだけで四柱推命の命式表を作ることができます。

ご自身で全て計算しようとせず、こういったサイトを利用して計算を済ませ鑑定に集中するのもおすすめです。

自分や気になる相手の命式表はサイトを利用して精密な結果を出しておきましょう。

四柱推命占いのまとめ

四柱推命は占い方法の一つです。

四柱推命占いのまとめ

四柱推命は古来中国から伝わってきた占い方法であり生年月日と生まれた時間をもとにして、自分の四柱と命式を作って占いを行います。

四柱推命の魅力は占いとしての精度の高さです。

統計学的なデータも活用しながら緻密な計算を行って導き出す占い方法なので、占いの中でも精度が高いのが特徴です。

四柱推命は占いによってわかる内容が幅広いのも人気の理由です。

人に関係していることなら占うことができます。

四柱推命では人の性格、結婚、仕事についてなど占えます。

他には反対に、年ごとの運勢なども占えます

なお、人がかかわっていないパチンコや競馬など、運が絡むギャンブルについては四柱推命では占えません。

-占い

Copyright© どりかな ~願いが叶う占いサイト , 2019 All Rights Reserved.